健康」カテゴリーアーカイブ

骨粗鬆症に

いや、まいった。。。

検査で骨粗鬆症と診断されてまった。

骨密度というのを測る検査で。
腰の骨と大腿骨(太もも)を測ったんだけど、太ももの方がヤバイ。
同年代と比較して、80%程度でした。

まあ、持病があるので仕方ないと言えば仕方ないんだけど。
このまま何もしないと衰える一方なので、できることはしないと。

骨粗鬆症について、ざっと調べてみました。

予防するには、食事と運動の両方に気をつける必要がある。

食事だとカルシウム、ビタミンK、ビタミンDが多く含まれる食品を摂ること。
カルシウムは、牛乳や乳製品、小魚など。これはイメージできる。
ビタミンKはあまり知らないけど、納豆や小松菜、ほうれん草、ニラなど。
ビタミンDは、サケ、うなぎ、サンマ、カレイなどの魚に多い、あと卵。

運動は、単純に太ももを鍛えるといいらしい。
簡単なのはスクワットだな。あとずっと続けてる体幹トレーニングも足中心のメニューで。

あと日光浴したほうがいいというのは、最近よく聞く話。
紫外線対策をし過ぎて日光を浴びないと、ビタミンDが不足する。

散歩しよう!正直さんぽみたいに街中を(笑)

義務感でやると続かないから楽しくね。買い食いしたり写真を撮りながら。

 

 

汗をかいてデトックス

というのは嘘らしい。

いや、厳密に言うと嘘ではないか。
デトックスというほど毒素は排出されないらしいですよ。

そもそも汗をかくのは、体温調節のため。

毒素を排出するためじゃない、これが大前提。

もちろん汗の中には体内の有害物質や毒素も含まれますが、それはごくごくわずかな量。
汗をかいたからと言って、健康にいい影響があるというほどの量ではないらしい。

大量の汗をかいても一時的に体重は減るけど、別に痩せたわけではないのと同じ。
まだまだ勘違いされてる部分が多いところですね。

でも汗をかくのはいいこと。気分がスッキリするしね!
だからサウナが無意味というわけではないですね。
リラックスしてストレスを解消する、というので十分だと思います。

 

花粉症対策

もう花粉症のピークは過ぎたところもあるでしょうが、北陸はまだまだ飛んでる様子。

毎年GWくらいまでは、症状が出ます。
気が抜けません。

今さらですけど、花粉症対策をひとつ教えてもらいました。
知らなかった方法です。

それは、赤ちゃん用のワセリンを塗る!
目のまわり、鼻、鼻の穴にも塗るといいそうです。
鼻水が出ると取れてしまうので塗り直し。

こういうベビー用のワセリンがありますね。

ワセリンが花粉を捕まえて、体内に入りにくくするそうです。

ワセリンは万能薬で、ひどい手荒れにもいいらしいです。(これも又聞き)

ひとつ持っておくとよさそう。

 

花粉症かと思ったら風邪

参りました。。。
風邪を引いて3日間ほとんど寝てました。
今日4日目にやっと回復しました。はぁ~。

木曜の時点では花粉症だと思ってたんですよ。
鼻水が止まらないし目もかゆかったから。
熱を測ってみると37.3℃くらい。微熱。

金曜日になって、なんかおかしいぞと気づく。
熱はそれほど高くもないけど、体が妙にダルイ、顔がほてってる、わずかに寒気もある。
この時点で風邪だと気づきました。

花粉症と風邪の症状はよく似てます。
よく見分け方として熱が出るか否か、というのがありますけど。
微熱だったらわかんないですね。
38℃でも出ればインフルエンザかも!と思ってすぐに病院に行きますけどね。

今回は風邪と花粉症を併発したんですね。両方の症状が出ましたから。

私の場合、蓄膿もあるんで風邪を引くと目の下あたりが痛くなります。
うつむくと圧迫されて痛みが増します。
これを解消するには、ひたすら鼻をかむこと。出るものはとにかく出す。
そうすると痛みが引いて治る感じ。

下手に鼻水を止める薬なんかを飲むと逆に悪化しますね。鼻水が溜まってしまいます。

だから微熱程度なら薬は飲まずに治します。
寝るときに厚着をして、股と脇にアイスノンをはさんで冷やす。
これで汗をかくとまず熱は下がります。

最近はよっぽどしんどくならない限りは風邪薬は飲まないようにしてます。
風邪のときに出る症状は、体が戦っている証拠なんだから無理に押さえないほうがいい、と聞いてから。
治るのに時間はかかるけど、体自体の持つ回復力で治す方が健康的な気がします。

 

花粉症対策にバイオネット

気になるなあ、コレ。
花粉症の症状が抑えられるっていう。

 

バイオネット(Bionette) No2 【花粉症対策にはコレ!】世界で30万個販売実績!【BioNase:バイオノーズの新型!】

去年も知ってたけど買わずじまい。
今年は例年より花粉が多いって聞いてるので、試す価値はあるかも。

目のかゆみは眼科の目薬でなんとかなりそう。
でも、鼻がねえ。。。
鼻水、くしゃみといった鼻の症状に対しては、あまり対策を取ってません。
マスクも息苦しいのでつけたくない。

でもくしゃみ10連発すると、腹筋がつりそうになりますね。
これで腹筋割れてくれたらうれしいな♪無理かw

レビューによると、効く人効かない人半々くらいですね。

 

 

花粉症対策にアロマ

花粉症対策で飲み薬は効果があるけど、ありすぎる場合もあって。

私の場合も薬が効きすぎて、飲むと眠くて眠くて。
車の運転が怖くてできなくなります。

そこで、登場するのがアロマオイル。

欧米ではアロマは治療薬としても使われてるくらいメジャーだそうです。

花粉症対策になるアロマは、ユーカリ、ローズマリー、ぺパーミント、ラヴィンサラの4種類。
どれもすっきりするタイプですね。
鼻づまりの原因となる鼻水や粘液を溶かして、排出してくれる働きがあるんだと。

ローズマリーは好きな香りでたまに使ってます。
ハンカチとかティッシュに垂らすだけで、ぶわっと香りが広がる。

やったことないけど、お風呂に数滴垂らすとすごく広がるらしいね。



アロマ全国通販 旅籠屋丸一

寝つきが悪いので対策を

寝つきが悪いと前にも書きましたが、いい対策法を聞いたので試してみたいと思ってます。

それは、間接照明を使うこと。

 

なんだそれ!と思わないで、まず聞いてください。理由付けがあります。

まず太陽の光を浴びるといい、というのはよく聞く話ですね。できるだけ起きたらすぐに。
それと逆の話で、夜になったらできるだけ光は浴びないようにしたほうがいいと。
人間はもともと太陽とともに目覚めて、日没になると眠るというのが自然な生き方なので。
できるだけ本来の生き方に近い生活をしましょうよ、ということ。

納得しないですか?
オイラはすごく納得したんですけど。

それから間接照明は暖色系の色で、目線より下に置くといいそうです。

花粉症の目薬

もう眼科で花粉症の目薬をもらってきました。

天気がいい日だとすでに花粉が飛んでる気がします。
目には見えないけど長年の勘で。目がゴロゴロしてるので。

今年は例年より花粉の飛散量が多いと予報が出てます。

雪が多い年だったので、積もった雪が溶けだしてからがもう大変。
早めに対策を取ったほうがよさそうですよ。

空気清浄機がセールにならないかなぁ。

 

寝つきが悪い

最近寝つきが悪くてしょうがない。

最近というか、昔からなんですけど。
「スリープマイスター」というアプリを使ってはっきりとわかりました。

このアプリは、朝睡眠が浅いときにアラームで起こしてくれる機能がメインなんですが。
それとは別に睡眠に関するデータも勝手に取ってくれるんです。
睡眠時間、中途覚醒、睡眠効率、眠りの深さ、寝つき、といったデータを。

それで、昨日のデータ(右側)を見てみると1時に寝床についたのに、入眠時刻が4時30分になってます。
左側はその前日、こっちはまだましですが、それでも入眠まで50分かかってますね。


昨日は自覚がありました。全然寝付けないという。
それにしても、3時間30分も寝付けなかったのか!
これじゃあ次の日眠くてしょうがないわけだ。

結局3時間30分しか寝てない。。。

コレはダメだ、何とかしないと。睡眠の勉強をしよう!